前立腺肥大症の手術が不要になった

岡山県/65歳/男性

 「前立腺肥大症の手術をしたほうがよい」と病院の診断で言われたときには、とてもショックでした。確かに、65歳過ぎから夜トイレに4~5回起きるようになっていました。排尿時間が長く、排出力も弱く、力まないと途中で止まってしまうような状態でした。昼間でも1時間おきにトイレに行くようになり、尿が全部できらないような感じでした。

 何とか手術せず治せる方法はないものかと思っていたとき、可視総合光線療法に巡りあったのです。早速、貴診療所(光線研究所付属診療所)を受診し治療を開始しました。

 治療用カーボン3002-5000。両足裏部、腰部、左右下腹部各10分間。両膝部、後頭部各5分間、前立腺部15~20分間照射しました。

 毎日、自宅で必死に光線治療を行いました。治療中あまりの気持ちよさにうたた寝することもありました。治療1ヵ月後には夜間尿が2~3回に減り、昼間の頻尿もなくなり、排尿はスムーズになりました。治療2ヵ月後、夜間尿が1回になり、排尿具合も健康だったときと同じになりました。病院の検査結果もよく、主治医もこの回復には非常に驚いた様子で、「このような例は大変めずらしい。この分なら手術は受けなくてもよいでしょう」と言っていましたので、私も一安心しました。

 光線治療のおかげで、手術を受けないで済むようになりとても感謝しております。これからも再発防止と健康管理に続けていきたいと思います。

(財)光線研究所「可視総合光線療法・理論と治験」黒田一明著

中央林間うえだ鍼灸院

kiichiro2
  • 大和市中央林間で鍼灸院・光線療法院をやってます。
    慢性疾患をよくするためには、
    自己のもつ治癒力を高めることが非常に重要です。
    このブログでは主に光線療法について、
    日光を浴びることの重要性について綴っていきます。

治療報告泌尿器の病気