全身打撲が元どおりになる

滋賀県/65歳/女性

 土手道をバイクで走行中、不注意で3m下の河原にバイクごと転落してしまいました。幸いに骨折はなかったのですが、からだ中が痛くて、1ヵ月間は寝たきりとなりました。見かねた友人が、光線治療器を貸してくれました。

 治療用カーボンは、主に3001-4008番を使い、両足裏部、両膝部、腹部、腰部、腰上部、背正中部、肩甲間部、後頭部といたいところを中心に朝晩2回照射しました。日に日に痛みが軽くなり、調子がよくなりました。治療後3日でなんとか動け、1週間目で杖にすがって立てるようになりました。

 効果があったので早速、自分用に購入して、1日3回各30~40分間の照射を毎日続けました。2ヵ月目で歩け、3ヵ月目にはバケツを持ち花に水やりができるようになりました。1年経ち、すっかり元どおりの体になりました。

(財)光線研究所「可視総合光線療法・理論と治験」黒田一明著

中央林間うえだ鍼灸院

kiichiro2
  • 大和市中央林間で鍼灸院・光線療法院をやってます。
    慢性疾患をよくするためには、
    自己のもつ治癒力を高めることが非常に重要です。
    このブログでは主に光線療法について、
    日光を浴びることの重要性について綴っていきます。

整形外科系治療報告