変形性膝関節症の症状が改善

東京都/女性/73歳

 約1年くらい前から、右膝の痛みで、正座ができなくなりました。変形性膝関節症ということで、歩行もまともにできず、すぐに転んで腰を痛めてしまいます。そのため、右足全体が神経痛のような症状で、痛みも激しくなりました。鍼や灸の治療を受けましたが、症状は変わらず、途方にくれていたとき、偶然光線治療のことを知り、(財)光線研究所の診療所を受診しました。

 3001-4008番の治療用カーボンで、両足裏部、両足首部、両膝部、腰部、右膝と腰上部、背正中部、後頭部を照射するよう指示がありました。照射時間は各5分間です。

 早速治療を始めました。開始後1ヵ月で、膝の痛みが軽くなり、階段の昇り降りも楽にできるようになりました。歩行も安定し、長く歩き続けることができるようになりました。

(財)光線研究所「可視総合光線療法・理論と治験」黒田一明著

膝を傷めないために跨をつくる

中央林間うえだ鍼灸院

kiichiro2
  • 大和市中央林間で鍼灸院・光線療法院をやってます。
    慢性疾患をよくするためには、
    自己のもつ治癒力を高めることが非常に重要です。
    このブログでは主に光線療法について、
    日光を浴びることの重要性について綴っていきます。

整形外科系治療報告