手術で悪化した腰の痛みが改善

宮城県/女性/75歳

5、6年前、腰のあたりが痛くなり、内科に通院を始めました。ところが、かえって痛みは広がり、足まで痛むようになりました。外科や、鍼・灸にも通いました。でも症状は変わらず、そうこうしているうちに、5年が経ってしまいました。

 痛みは日増しにひどくなり、普通に歩くことさえできなくなりました。やむなく医師の勧めにしたがって手術しましたが、症状はかえって悪化してしまいました。今まで痛くなかったところまで激しく痛むようになり、からだを動かすたびに苦痛を感じます。

 そんなときに知人に勧められたのが光線治療です。3001-5000番の治療用カーボンを使い、両足裏部、両足首部、両膝部、腰部をかく10分間ずつ集光器を使用しないで治療し、その後腰部を1号集光器を使用してさらに10分間照射しました。症状はすぐに好転しませんでしたが、2週間もすると気持ちよくぐっすり眠れるようになり、50日後には杖をつかわず歩けるようになりました。今では痛みはほとんどなくなっています。

(財)光線研究所「可視総合光線療法・理論と治験」黒田一明著

ただ痛がるだけでなく腰痛について考える

中央林間うえだ鍼灸院

kiichiro2
  • 大和市中央林間で鍼灸院・光線療法院をやってます。
    慢性疾患をよくするためには、
    自己のもつ治癒力を高めることが非常に重要です。
    このブログでは主に光線療法について、
    日光を浴びることの重要性について綴っていきます。

整形外科系治療報告腰の痛み