コレステロール安定作用

体内において、コレステロールの一種は紫外線にビタミンDへ変換され、余分なコレステロールが減少します。可視総合光線は、脂質代謝をよくして、コレステロールや中性脂肪の値を正常にするよう働きかけます。それにより次のようなことが期待できます。

・動脈硬化の進行を抑え、心臓病や脳梗塞の予防

・末梢の血流障害、脱疽(壊疽)の予防

・脂肪肝の予防

※脱疽(壊疽)とは、血行が悪いために組織が死んでしまうもので、 動脈硬化性動脈閉塞や糖尿病性循環障害でみられることが多い。

(財)光線研究所 (「可視総合光線療法・理論と治験」黒田一明著)

中央林間うえだ鍼灸院

kiichiro2
  • 大和市中央林間で鍼灸院・光線療法院をやってます。
    慢性疾患をよくするためには、
    自己のもつ治癒力を高めることが非常に重要です。
    このブログでは主に光線療法について、
    日光を浴びることの重要性について綴っていきます。

光線の作用