胸椎・腰椎圧迫骨折の痛みが治まる

 東京都/86歳・女性・主婦

 半年ほど前になります。朝起きるときに腰が痛くなり、背中にもけいれんのような痛みが走り、仰向けで寝ていられなくなりました。数日間痛みが続いたので、整形外科でレントゲン検査を受けたところ、「これは筋肉痛でしょう」と言われ、鎮痛剤と湿布薬を処方されました。

 しかし、2ヵ月経ってもよくならないので、大きな病院で受診しました。MRI検査の結果、胸椎12番と腰椎1番・2番の圧迫骨折と診断されました。5回ほど受けた痛み止めのブロック注射も数時間しか効きませんでした。さらに歩き始めに強い腰の痛みが出て、歩くのもつらく、外出はカートに頼って何となくゆっくりと歩いていました。 

 そんな折、親戚が通っている治療院から貴付属診療所(光線研究所付属診療所)のことを聞き、正直言って半信半疑でしたが、貴所に伺い光線治療をしてもらいました。

 光線治療はとても気持ちがよく、痛みが軽くなるような気がして、近くに住む娘婿の車で週1~2回通院することにしました。

 光線照射をすると、すぐにからだが温まり、腰の痛みが少し軽くなりました。

 その後、杖なしで歩けるようになり、また、夜に目を覚ますと、仰向けい寝ていても、背中の痛みが出なくなりました。 

 15回の治療で、長く歩くと少し腰が張る感じがありましたが、背中の痛みはほとんどなくなりました。ひどかった背中の痛みも治まり、次回、整形外科で何と言われる楽しみです。

◆光線治療

治療用カーボン:3001-5000番。

照射部位・時間:両足裏部⑦・背中全体を各10分間照射、両膝部②・腹部⑤・腰部⑥・後頭部③を各5分間照射。⑦・背中全体・②⑤⑥は集光器使用せず、③は1号集光器使用。

(財)光線研究所「可視総合光線療法・実践治療 報告集」黒田一明監修

kiichiro2
  • 大和市中央林間で鍼灸院・光線療法院をやってます。
    慢性疾患をよくするためには、
    自己のもつ治癒力を高めることが非常に重要です。
    このブログでは主に光線療法について、
    日光を浴びることの重要性について綴っていきます。

整形外科系治療報告腰の痛み骨・関節の病気