家事もつらい腰の痛みが改善した

 神奈川県/76歳・女性・主婦

 私は、今年76歳になりました。母親と同じように、60歳代後半から腰が曲がり始め、とくにここ2~3年は腰の曲がりがひどくなりました。少し動くと疲れてしまい、腰が痛くて台所仕事や掃除がつらい状態でした。 

 病院でレントゲン検査を受けたところ、「腰の曲がりを治すのが難しい。無理のないようにして薬を飲んでください」と言われ、痛み止めの薬をもらいましたが、あまり効き目がありませんでした。腰のほかにもいろいろな悩みがありました。

 若いころから冷え症のため、年を重ねるにしたがってトイレが近くなりました。1日に何度もトイレい行くため、外出も億劫になってきました。 

 そんなとき、以前、五十肩や頭痛などを光線治療器で治したことを思い出し、早速貴付属診療所(光線研究所付属診療所)に相談しました。

 光線治療をすると、少し腰の痛みと冷えがやわらぎ、少し長く歩けるようになりました。 

 治療を始めて2ヵ月後には、台所仕事も楽しんでできるようになりました。冷え症のほうもよくなって、トイレの回数も減り、夜トイレに起きるのも4~5回から、2~3回に減りました。 

 3ヵ月後には、腰は曲がっていますが、筋肉がやわらかくなって、歩くときの視界が広がりました。立ち上がるとき、多少腰が痛みますが、以前に比べれば格段によくなりました。ぜいたくなもので、いま以上によくなりたいと思っています。家事も思い通りにできるまでに回復し、冷え症もよくなり、残尿感も減ってきました。

◆光線治療

治療用カーボン:3002-4008番。

照射部位・時間:両足裏部⑦・両足首部①・両膝部②・腰部⑥・腰上部を各10分間照射、腹部⑤・後頭部③を各5分間照射。⑦①②⑥⑤は集光器使用せず、腰上部・③は1号集光器使用。

(財)光線研究所「可視総合光線療法・実践治療 報告集」黒田一明監修

kiichiro2
  • 大和市中央林間で鍼灸院・光線療法院をやってます。
    慢性疾患をよくするためには、
    自己のもつ治癒力を高めることが非常に重要です。
    このブログでは主に光線療法について、
    日光を浴びることの重要性について綴っていきます。

整形外科系治療報告腰の痛み骨・関節の病気