腰部脊柱管狭窄症による下肢のしびれが完治

 神奈川県/63歳・女性・主婦

 若いころから姿勢が悪いと、家族からときどき指摘を受けていました。30歳代には、整形外科でレントゲン検査を受け、腰椎の前弯(前方への湾曲)が強いと診断されていました。そのためでしょうが、腰に慢性的な痛みがありました。

 40歳で太極拳を始めてからは、少しずつ姿勢もよくなり、腰痛を感じることも少なくなってきました。

 しかし、60歳ごろからは右足のしびれを感じるようになり、最近は歩くときに足が前に出せなくなることがたびたびあり、整形外科を受診しました。MRI検査の結果、腰部脊柱管狭窄症と診断されました。薬と点滴で治療を受けましたが、全身にじんま疹が出て、1回で中止しました。

 太極拳の仲間で、同じ脊柱管狭窄症で3ヵ月間入院して治療したのに、逆にほとんど歩けなくなってしまった人がいて、このまま私も歩けなくなるのではないかと、毎日とても不安な日々を過ごしていました。

 薬疹が怖くて薬が使えないため、副作用のない治療法を探していたところ、人伝てに光線療法のことを聞き、貴付属診療所(光線研究所付属診療所)を受診しました。

 光線治療は想像以上に気持ちがよく、2回治療を受けただけで、治療後しばらくは右足の重だるさが軽くなり、歩くのが楽になりました。この治療を続けていけばよくなると確信し、早速、治療器を求めて自宅で毎日治療を始めました。

 1ヵ月間の光線治療で、右足のしびれは全く感じなくなりました。歩行中も足が重く感じることはなくなり、歩くのも速くなりました。

 一日中外出していても、足のことは気にならなくなりました。腰痛もなくなりました。足腰はよくなりましたが、光線治療は健康管理と再発予防のため、毎日続けています。お陰さまで以前より体調もよく、充実した日々を過ごしています。

◆光線治療

治療用カーボン:3002-5000番。

照射部位・時間:両足裏部⑦・両足首部①・腰部⑥を各10分間照射、両膝部②・腓腹筋部㉙・後大腿部㉚を各5分間照射。⑦①⑥②㉙㉚はすべて集光器使用せず。

(財)光線研究所「可視総合光線療法・実践治療 報告集」黒田一明監修

kiichiro2
  • 大和市中央林間で鍼灸院・光線療法院をやってます。
    慢性疾患をよくするためには、
    自己のもつ治癒力を高めることが非常に重要です。
    このブログでは主に光線療法について、
    日光を浴びることの重要性について綴っていきます。

整形外科系治療報告腰の痛み骨・関節の病気