悩んでいた不眠症、高血圧、頭痛が改善した

 千葉県/女性

 美容院を経営しておりますが、数年前より不眠症が続いて困っていました。1日5~6時間の短い睡眠時間のうち、3~4回も目が覚めていました。

 いったん目が覚めると、しばらくの間寝つけなくなり、気が進まないままに睡眠薬を長年服用していました。睡眠薬の副作用なのか、からだのあちこちに湿疹ができました。さらに夏場には、店のクーラーに一日中当たっているため、自律神経の乱れで冷え症、不安感、イライラが見られるようになりました。また、夜間目覚めると、季節を問わず、たくさん寝汗をかくようになりました。

 若いころから高血圧症で、薬を服用しないと160/100mmHg前後と高めでした。高血圧は自覚がないと聞いていましたが、私は頻繁に現われる頭痛や頭重で悩まされる日が多く、不眠症やイライラが重なって困っていました。 

 こんな状態のとき、以前、父が光線療法で高血圧を改善したことを思い出しました。善は急げと、早速貴付属診療所(光線研究所付属診療所)を受診しました。親切な診察と照射を受けて、自宅での光線照射の方法を教えていただきました。

 治療用カーボンは3002-5000番を使用し、両足裏部⑦・両足首部①・腰部⑥は各10分間、両膝部②・腹部⑤(以上集光器使用せず)・後頭部③(1号集光器使用)・前額部⑮(2号集光器使用)各5分間照射というものでした。

 光線照射は、大変気持ちがよく、続けてみる価値があると思いました。睡眠薬はあまり効果がみられないうえ、副作用で湿疹が出やすいので、光線療法だけに頼って治療しようと思いました。降圧剤のほうは、少し量を減らして服用するようにしました。

 光線照射2週間後、からだが温まり、夜間に目覚めることが2~3回に減り、以前よりよく眠れるようになりました。光線治療器を布団の横に置いておき、夜中に目覚めたら両足裏部⑦へ10分ぐらい照射すると、すぐにまた寝つけるようになり、血圧も少し下がってきました。 

 照射1ヵ月半後、入眠時に寝つきはよくなりました。まだ夜間2回程度目覚めることがありますが、睡眠薬を中止したためか、からだのあちこちに出ていた湿疹がほとんど改善しました。血圧も150/85mmHgぐらいになり、しばらくの間降圧剤を中止し、光線照射だけで様子をみることにしました。

 照射3ヵ月後、寝つきがさらによくなって、夜間の目覚めも1回になり、まったく目が覚めない夜もあるようになりました。また、目が覚めてもすぐにまた寝つけるため、1日6~7時間は睡眠できるまでになりました。

 このころになると、いやな頭痛や頭重がほとんどなくなっていました。からだの冷えもとれ、疲労感も少なくなったため、イライラも減り、寝汗もかかなくなって自律神経のバランスが自然と改善したように感じました。 

 一方、血圧の状態は、仕事が忙しくて無理をした日でも150/80mmHgくらいですんでおり、ふだんは130/70mmHg前後になっています。長年悩んでいた不眠症、高血圧、頭痛などが、驚くほど改善しています。

(財)光線研究所「可視総合光線療法・治療報告と症例集」黒田一明著

kiichiro2
  • 大和市中央林間で鍼灸院・光線療法院をやってます。
    慢性疾患をよくするためには、
    自己のもつ治癒力を高めることが非常に重要です。
    このブログでは主に光線療法について、
    日光を浴びることの重要性について綴っていきます。

心療内科の病気治療報告精神科系